大学受験専門 wiz-k 各教科の特長

トップページ > 大学受験専門 wiz-k > 各教科の特長

数学

「wiz-k」では、大学受験専門塾として20年間、毎年100名以上の受験生を志望校に導いてきた「啓仁館」で蓄積された受験ノウハウを凝縮したオリジナル教材「ドクトルk」を主に使って指導を行います。
各自が持つ参考書、問題集も扱いますが、それでは個々のレベルに合っていない、志望大学に合う傾向の問題がない、何より一度習った解法の演習ができるようになっていない等々…プロの目から見て十分とは言えない部分もあります。
「ドクトルk」は、教科書レベルの基礎問題から最難関大学のハイレベルな入試の重要問題までを、頻出度や難易度ごとに振り分けた「主題」、その主題と「同じ解法」「同じ論理」を使って解ける「類題」から成る、合わせて数千問にも及ぶ教材です。
これらの中から、生徒個々の理解度・理解スピード・学習進度・志望校など、あらゆる状況を考慮して、最適な問題を担当講師が精選して指導していきます。

英語

大学入試に携わる英語講師の多くは、残念ながら受験の知識はあっても英語を話すことができない「受験の専門家」であり、「英語の専門家」ではありません。しかし、「wiz-k」では「話す」「聞く」ということもでき、かつ受験英語指導の経験豊富な「英語の専門家」が指導に当たります。(指導者は英検1級ホルダーなど)
以下に「wiz-k」での英語指導の特徴を記します。

●Stage-1:
徹底的な語彙習得に努めます。それと同時に基礎英文法の確立を目指します。
●Stage-2:
発展英文法。徹底的な和訳演習。音読の徹底。
●Stage-3:
長文読解の導入。基本例文260の暗記。センターレベルのリスニング演習開始。
●Stage-4:
発展レベルの長文読解。英作文演習。

また、「wiz-k」では、英検対策コースも設置。一人の日本人講師が、ネイティヴ講師の力を借りなくとも筆記試験から面接までの対策を行うことができるのは、講師陣の英語力の高さの証明と言えるでしょう。

国語

「wiz-k」では、現代文だけでなく、古典(古文・漢文)、そして小論文という幅広い国語分野に対して、一人一人のニーズとレベルに応じて柔軟に対応し、合格に必要な学力を身に付けさせます。
特に近年、小論文は多くの大学で導入され、AO入試・推薦入試はもちろん、医学部受験を含む理系志望の受験生にも必要とされます。大学や学部によって、様々な形式で出題される小論文ですが、志望大学の傾向や最新の動向を踏まえて、論理的かつ高い文章力を個々に応じて養成します。
そして、定番の現代文・古典の両分野も要望・理解度に応じてきめ細やかに指導します。センター・私大レベル(客観型)から、国公立二次レベル(記述型)まで、徹底的に対策指導を行い、文章理解力・論理的思考力・答案表現力を養成します。
今の自分に必要な力、これから必要とされる力を見据えた指導で合格に導きます。